結婚式の衣装選び~理想の花嫁になるためのポイントとは?

花嫁衣装

結婚式において、新婦の楽しみのひとつである花嫁衣装。

「どんなドレスにしようか?」と迷ってらっしゃる方も多いですよね。

今回は、結婚式の花嫁衣装選びの順序と理想の花嫁を目指すためのポイントについて、お話していくことにしましょう。

 

結婚式の花嫁衣装選びの順序

1.ドレスショップに試着予約

ドレスショップは、ほとんどのケースで予約が必要。

まずは、ドレスショップに予約を入れましょう。

提携しているドレスショップがたくさんある場合には、複数予約してもOKです。

 

2.はじめての試着

いよいよはじめての試着。

ドレスショップにはたくさんの種類があるので、大まかなデザインや種類の理想を伝えておきます。

すると、カウンセリングをもとに、スタッフの方がいくつか衣装を提案してくれます。

また、ショーケースに入っている気になる衣装を試着してもOKです。

 

3.2回目以降の試着

花嫁衣装は、1回で決まらないことがほとんど。

2回目以降も、納得できるまで試着をします。

なかには、10回以上試着をする方もいらっしゃるんだとか!

お気に入りの衣装が見つかるまで、試着をしてOKです。

 

4.衣装の決定

納得できる衣装が見つかったら、ようやく衣装が決定。

ただ、その際に、結婚式当日に衣装の予約が埋まっていないかを確認します。

 

5.小物合わせ

衣装が決まったあとは、その衣装に合わせて小物を選びます。

 

6.サイズ合わせ

結婚式が近づくと、サイズ合わせを行います。

体にフィットするように、微調整をするわけですね。

当日着用するブライダルインナーを身につけて行きましょう。

これにて衣装選びはすべて完了です!

 

花嫁衣装で理想の花嫁を目指すためのポイント

決して妥協はしない

試着は、とても疲れるもの。

「疲れたから早く決めてしまいたい…」と考える方もいらっしゃいます。

ですが、花嫁衣装に妥協はNG。

納得できるまで衣装を探しましょう。

 

必ずしも提携ドレスショップで選ぶ必要はない

提携のドレスショップでは、希望する衣装がないという場合もあります。

そんなときは、外部で衣装を探してもOK。

理想の衣装を探しましょう。

ただし、式場によっては持ち込み料金がかかることもあるので、その点は注意が必要です。

 

第三者の意見を参考にする

信頼できる友人などに、衣装の相談をするのもアリ。

「自分の好みのものが、自分が似合うもの」とは限りません。

第三者の意見を参考にしながら衣装を選びましょう。

 

まとめ

以上、結婚式の花嫁衣装選びの順序と理想の花嫁を目指すためのポイントについて、お話してきました。

お気に入りの衣装を選ぶことができれば、結婚式へのワクワク感も高まります。

ぜひ、納得できる衣装選びをなさってくださいね。